FC2カウンター

プロフィール

雨月

Author:雨月
性別:女
年齢:学生
性格:マイペース
趣味:創作と読書と主観的考察

・上の絵は私の知り合いのまろさんに描いてもらいました!

・ブロとも申請、リンク追加をしてくださる際はお手数ですが声をおかけください

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

智を愛するということ1 青と世紀末の詩

Category : 主観的思想
大学生の夏休みというものは、退屈なものだなあ。
もうすぐお昼という時間に目が覚めて、暫くぼんやりしているときに、なんとなくそう思った。
9月の初旬。
妹と弟は学校が始まったというのに、私はあと2週間も休みがある。
先月は長期休暇に心から喜んでいたはずなのだが、今となっては毎日が忙しない学校生活が恋しい。
この退屈をどうにかしたかった。
私は財布を開き、数枚のお札を確認する。
よし、いける。
そう確信した私は、車の鍵と財布、それから携帯電話を鞄に詰め、ついでに読みかけの本も持って家を出た。

目的地は家から車で約30分。
通学路の途中に通る、駅の近くにあるカフェは、案外見つけにくい。
和風の一軒家そのもの、隠れ家のようなそこは、心から落ち着ける空間だった。
日当たりの良い席が空いていたため、そこに座る。
窓で隔てられていなければ縁側のようだ。
定員に注文し、冷えた水を飲んで一口飲む。
料理が運ばれるまでまだ時間がある。
それまでどうしようかと考えて、ああ、と思い出したように、鞄から本を取り出した。

「『世紀末の詩』か。良い選択だね」
落ち着いた女性の声が、目の前から。
はっと顔をあげると、私と向かい合うように見知らぬ人が座っていた。
「……大学に知り合いの事務員がいて、貸してもらったんです」
驚きながらも言葉を返す。
何故だか、悪い気分はしなかった。
見たところ私よりも年上。
しかし、そう年を取っているように見えないところから、20代前半だろう。
艶のある黒髪を一部後ろに束ねた髪型は、そうだ、確かハーフアップといったはずだ。
凛とした顔立ちの中でも、一際目立つ青い瞳は、夜空のようにきらきらしている。
こんな大人っぽい人でもカラーコンタクトなんてするんだなあ。
そう意外に思っていると、彼女は形の良い口元を緩めた。
「読み終わったら、またここにおいで」
「それは、どういう」
疑問を投げかけるところで、料理が運ばれてきた。
彼女は音も立てずに席を立ち、店員の後ろを通り、それから。
「嘘……」
消えてしまったのだ。

手元の本を見る。
タイトルは『世紀末の詩』。
本当の愛を見つけるべく、主人公たちは色んな人々の愛の形を見て、否定を繰り返し、最終的になにが残るかを探っていく。
愛ってなんだろうなあ。
ぼんやりと少し考え、すぐに行き詰まってしまった。
本を読んでからまた考えることにしよう。
そう思い、私は料理に手をつけることにした。


『世紀末の詩』
(Amazonのリンクです)

続きは自分なりの考察であるため、出来ればこの本を読んでからの方が楽しめると思います。

→続きを読む

私が学校で学んでいること(ざっくり説明編)

Category : 主観的思想
皆さんは学校でどのようなことを学びましたか?

義務教育の頃は国語、数学、英語など…口を揃えて同じようなことを言うかもしれません。

ですが、高校、専門学校、大学、大学院となれば、それぞれの個性が出てくるのではないのでしょうか?

そんなことを先程思い付いて、みんなで学んでいることを教えあうのも楽しいかもしれない。

というわけで、私が学校で学んでいることを綴ってみようと思います。

→続きを読む

自分のために生きたい

Category : 主観的思想
漠然とですが、私の人生の目標というか目的というか
最終的には自分のために生きたいのです

なんで私はこう思うんだろうという疑問を持ってみると
他人との関わりが、私の人生に大きく影響を及ぼした経験があることが思いつく
そしてその影響が、私にとって良いものではないということ
あるいは、私に合わないんだ、きっと

年を重ねる毎に無駄なものを減らしていこうと思う
なにかと裕福では私が駄目になってしまう
減らすのは物でありお金であり人でもある
最終的には一人で、考えることさえできれば何もいらないのだ

私の人生の本番は退職後
何故か数年前から、固くそう信じてる

好きなんです、哲学

Category : 主観的思想
大学生になってようやく分かりました。
私は哲学が好きです。

私は哲学という言葉を知るより前から、哲学的なことに関心がありました。
私ってどんな人間なんだろう?
完璧なものって存在するの?
なんで常識を正しいと言えるんだろう?
などなど。
いつからかは分かりませんが、不思議に思ったこと、今のままでは納得できないことをブログに書き綴ってきました。

そのようなことが学問として確立されている事を知ったのは、高校1年生のとき。
倫理という授業を受けたのです。
倫理では色んなことを広く浅く学びました。
心理学、宗教、倫理学、そして哲学です。
どれもこれも興味深く、子供のように純粋に楽しめる授業でした。
何といっても、人の考え一つ一つに名前がつけられていて、それが学問として認められているのです。

私にとってそれはかなりの衝撃でした。
自分と似たようなことを昔の人も考えていたのです。
しかも、それを学問としてとても真剣に。
なんだか、自分が色々考えていることが認められているような、許されているような、そんな気がして嬉しく思った記憶があります。

それから自分で哲学の本を探したり、大学で哲学の講義を受けたりしています。
哲学は世間一般的に役に立たない学問だと思われがちですが、幸か不幸か私の関心は無意識に哲学に向いてしまいます。
哲学はとても広い学問なので、就職とかに直接活かせるものではないのは残念に思いますが、それはそれで仕方がないかなと思います。
それぞれの学問に個性があるように、哲学にも個性的な面白さがあるのです。

もしこの記事を読んでくださっている方がいたら、哲学をどう思っているのでしょう?
おもしろい?もしくはつまらない?
それから、あなたの好きな学問はなんでしょうか?
私は哲学が好きですが、数学と英語は苦手です。

色んな人の意見を聞きたいなぁと思う今日この頃。

記録を残すということ

Category : 主観的思想
自分の思っていることを書くということは、今の自分の状況や思考を整理することで、日記というよりは記録という感覚に近い。
そんなわけで、この「主観的思想」というカテゴリーは「記録」というカテゴリーの中に含まれている。

なんだかんだで久しぶりなこのカテゴリー。
ここ数か月の間は大学の出来事を書いていたからね、それはご無沙汰になるわけだ。
しかも、この記事を書いている場所は大学の研究室。
先生の普段使ってないっぽいPCを拝借して、先生が用事で不在中の間にぽちぽちと記事を更新している。
こんな感じだと、これからも暫くの間は大学生活の記事が多くなりそうな気がする。

追記から本題に入ろう。

→続きを読む

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。