FC2カウンター

プロフィール

久世

Author:久世
元HNは「微雨」「雨月」でした。
「久世」に改名しましたが、どれも私には違いないのでお好きなHNで呼んでください。

・上の絵はまろさんに描いてもらいました!

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

説説

Category : サブ創作小説
本説×ぴく説小説書いてしまいました!
追記注意!



※前半ぴく説・後半本説視点
※深夜テンション
※文章力皆無
※ホモォ…
※if設定



「紅茶如何ですか?お口に合えばいいのですが…」
「ああ、ありがとうございます」
トレイをソファーに座っている彼の目の前のガラステーブルに置き、紅茶を淹れたティーカップを差し出す。
それから僕は向かい合うように反対側のソファーに座り、もう一つのティーカップを手に取った。
ふわりと香る紅茶を一口啜り、相手を一瞥する。
同じ様に紅茶を飲んでいる貴方は、仕草だけではなく、容姿も、声も、名前も僕と同じだ。
何故もう一人の僕が存在し、同じ空間に居合わせているのかは、ややこしい為省略する。
「美味しいですね」
「それは…良かったです」
ほう…と溜め息をつき、感嘆とした様子で言う彼に、ほっと胸を撫で下ろす。
とにかく、僕は彼の家で夕飯(カップ麺)をご馳走になり、どうせなら泊まっていってくださいと誘われて現在に至る。
夕飯のあとに入浴を済ませ、就寝にはまだ少しだけ早い時間帯。
彼は片手の資料を黙読し、テーブルに広げられた紙にペンを走らせている。
一目で仕事中だと分かる彼を邪魔しないように、だけれどもただ何もせずに過ごすのは暇だと思い僕は頭を悩ませた。
部屋を見渡すと、必要最低限にしか家具は置かれていない。
綺麗に片付けられているのは、小まめに掃除をしているからなのだろうか。
そして、本が隙間無く埋められている大きな本棚。
何とも僕らしいと笑みを溢し、本を借りて時間を潰そうと口を開いた。
「あの、あちらの本棚の本をお借りしても宜しいですか?」
大きい本棚を指差す僕の指を見て、彼は少しだけ苦い顔をした。
「あの本棚は腐れ縁の馬鹿が占領してるので、殆ど漫画しか置いてませんよ。読書をするのであれば、僕の自室に置いてある本をどうぞ」
「自室ですか…?」
「あちらのドアから自室に入れますから、自由に本を選んでください」
視線を上げずに、左手の資料で僕の真後ろを指し示す。
後ろを振り返ると、彼の自室へのドアが見えた。

ガチャッとドアの開く音を、資料に文字を書き込みながら聞く。
足音がこちらへ近づき、ソファーに座った様子から、読書をするための本を見つけて来たのだろう。
僕を邪魔しないように、という彼の配慮はありがたい。
存在自体が邪魔な腐れ縁に見習わせたいくらいだ。
仕事に集中しようと手の資料に目を通すが、内容が理解しづらい。
ペンを置き、右手で前髪をかき上げながら資料を睨み付ける。
「あ…」
本から視線を僕へ向けた、彼が戸惑った。
「どうしました?」
「いえ、服装が…ラフな格好だと思いまして」
服装を指摘され、僕と彼を比較する。
彼は黒いコートを羽織り、シャツのボタンを上まで止めて、きっちりネクタイを締めている。
対する僕はコートを脱ぎ、シャツのボタンをいくつか外して腕捲りをし、ネクタイを緩めている。
「家に居るときくらいは楽な格好の方がいいと…いけませんか?」
「そ、そういう訳では…。ただ…」
「ただ?」
何ですか、と続きを促すと、彼は僕から逸らした視線をさ迷わせた。
「えっと、その…、あまりにも色っぽいので、目のやり場に困ってしまって…」
「…はぁ」
色っぽい?自分と容姿が同じ人を?
そんなまさか…。
「だ、だって…ほら」
すると彼は突然コートを脱ぎ、シャツのボタンを外し、袖を捲ってネクタイを緩めた。
僕の様子を窺うように向けられた流し目に、思わず息を呑む。
「ああ…、成る程」
楽だからという単純な理由でこの格好をしていたのだが、確かに色っぽい。
それどころか、かなり扇情的だ。
くらりと目眩に似たような感覚を感じながら、両手をテーブルにつけて席を立つ。
「どうし…」
どうしたのですか、そう僕を見上げて言おうとした、彼の唇を奪う。
ちゅっ、ちゅと触れるだけのキスを繰り返し、互いの額が合わさるくらいの距離で目を合わせる。
「続きは仕事が終わってから――ベッドの上で」
甘く、吐息混じりに囁けば、
「あ…、は、はい」
彼は頬を紅潮させて、こくりと頷いた。


















続く、のか…?
スポンサーサイト

続けえええええええええぇぇ(ぁ
うっはああああぁぁ本説色っぽいいいいいぃぃぃぃうわあああぁぁぁ(落ち着け
何これ可愛い///ぞ……続編……を・……(ぁ

>ミリィさん
えっ 続けちゃっていいんですか?(ぇ
本説色っぽいです扇情的ですエr・・・げふんげふん
続編…頑張ります!
非公開コメント

  

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ