FC2カウンター

プロフィール

久世

Author:久世
元HNは「微雨」「雨月」でした。
「久世」に改名しましたが、どれも私には違いないのでお好きなHNで呼んでください。

・上の絵はまろさんに描いてもらいました!

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

紫苑先生と距離

Category : 紫苑先生
私は先生と似たような場所に立っている。
ふと、そう感じることが多くなった。

全く一致するものではないし、違う点を挙げることもできるのだけれど。
物憂げなその発言が、光に隠れている影のような思いが、同じ境遇であると錯覚させる。
ただ、考え方と、抱えているものが違うだけ。

恐らく繊細である相手の一部に、ゆっくりと、時間をかけて踏み込んでいく。
ここ数週間もその試みをしていた。
今回で少しは近づいたと思うのだが、距離の単位で表すなら僅か数ミリであろう。
しかし、選択肢を間違えれば二度と親しげに口を利くことなど出来なくなってしまうのだから、私にしては頑張った方だと思われる。


夏期休暇が明けてから、以前のように研究室に足を運ぶ機会が極端に減ってしまった。
互いに忙しく、スケジュールを照らし合わせても空き時間がほぼ一致しないのだ。
落ち着いて先生と話せる機会は一ヶ月に一回あるかどうか。
正直、全くもって不服である。

それから、物理的に会う回数が減ると精神的にも距離が開いてしまうようだ。
明らかに先生の態度が素っ気ない。
それは先生も認めているようで、自衛手段として無意識にとってしまう行動らしい。
そうなのか。と納得はしたが、他の子ときゃっきゃするのはどうかと思う。
ただ互いにしたくてしていることだと思うし、どちらも好きなので私からなにかを言ったりはしないと先生に伝えた。
この件に関しては黙認する。

だからといってなにもしない訳ではない。
来るもの拒まず去るもの追わずスタイルの先生のことだから、私が何かを起こさなかったり離れたりしたら関係は途切れてしまうだろう。
それは避けたい、と思う。
先生は自分自身のことを好きではないと言うが、私は善い人だと思うし、先生から学ぶべきことも沢山あると思う。
だから離れるわけにはいかないのだ。

そうして私がとった手段は、思っていることを正直に伝えることであった。
嘘をついたら勘づかれるし、結果的に距離を取られるなら本音を受け入れて貰え無かった方が納得する。
先生は先に否定をしない人だ。
意見を理解して、それに対する意見をちゃんと返してくれる。
話せば分かってくれるんだなぁ、と安堵した。
それから、少なくともこの方法は間違っていないとも。
辛うじて現状を維持する手段を掴み取った、気がする。


ただ、今は平気だけれど、あまりにも問題が悪化するというのならば。
流石の私でも、やはり私には私しかいないのだと。
先生の手の届かない失意の底まで、沈んでしまいそうになる。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ