FC2カウンター

プロフィール

久世

Author:久世
元HNは「微雨」「雨月」でした。
「久世」に改名しましたが、どれも私には違いないのでお好きなHNで呼んでください。

・上の絵はまろさんに描いてもらいました!

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

ゼミ選択をリアルタイムでしてみる

Category : 主観的思想
ゼミの希望書を明日提出しようと思います。
それに伴い、今から色々書きながらゼミを選択していこうと思います。

ただ今の時間午前1時28分。
あれこれ悩むのは、追記にて。


先週と今週中に4人の先生の研究室を訪問しました。
研究室訪問が必須のところが多いため、基本この中から選択していきます。


まずは消去法。
このブログで紫苑先生と呼んでいる人のゼミは取りません。
理由としてはゼミの内容と私のやりたいことの不一致。
「仲が良いから」という理由で選択したくはありません。
相手が紫苑先生なら余計に。不誠実じゃないですか。
でも今後も紫苑先生には個人的に色々教えてもらうつもりです。

もう一人の先生も選ぶ気はあまりありません。
ゼミでやることが決まっていて自由が効かなさそうだからです。
それから、その先生の研究している内容にあまり関心がないからですね。
すごいことをしているのだけれども。

ということで選択肢を半分に削りました。
ただ今の時間午前1時37分。
ここまではぼんやり決まっていたことです。
問題は、ここから。


残りの2人の先生について少し書き出してみましょう。
名前どうしようかな。
S先生とI先生でいいかな。


【S先生のゼミについて】
・ゼミで取り扱う内容
ゼミはデジタルアーカイブ中心。
テーマは戦争・災害または県内の美味しい食べ物の2つ。
その他にも生徒の要望によりデジタルアーカイブする内容は変更あり。
実際の取材、撮影よりはメタデータや権利処理などの知識を深く学べそう。
でも多少はデジタルアーカイブを実践してるかもしれない。

・ゼミの形式
ゼミが始まってからにならないと分からないらしい。
なんでも、集まったメンバーによるとか。
活動もゼミ全体で同じものに取り組むのか、ひとりひとりが別のものに取り組むのかも年毎に異なるらしい。
しかし今まで実践ではなく理論を教えてきたらしいため、座学が多いかもしれない。
でも今年はデジタルアーカイブするって言ってるから、多分写真撮ったりドローン動かすくらいはするんだろうな。
とにかく色々聞いてみたけど返答はどれもふわっとしていて誤魔化された感じが否めない。

・卒論について
先生は卒論に厳しいらしい。
主に学んだことについての現状や課題とかを卒論の題材にしているらしい。
中にはミュージアムの展示という形で展示し、その論文を書いた人もいるらしい。
あとはひとつの共有のテーマから、各自で分担して論文を書くことも。
これも人や年によってまちまち。

・所感
先生自体は大変興味深い人。
色んなことに意識的に興味を持ったり、得た知識を鵜呑みにせず疑問を持ったりする。
そういう観点は見習いたいし、他にも良い部分があったら吸収したい。
ゼミの内容としてはデジタルアーカイブの基礎を学びたい。
その上で、その派生である著作権やメタデータなどの理解を深めたいところ。
そこから疑問を持ち、改善点や課題などを見つけて考えていきたい。
こんなところかしら。


【I先生のゼミについて】
・ゼミで取り扱う内容
生涯学習が中心。特に社会教育主事。
生涯学習を支援する仕事や団体を取材するのが主な内容。
実際に現場に行き、取材をする人の活動をお手伝いする方法もある。
できれば取材した内容をまとめ、何かしらの形で発表したいと言っていた。
人々のやりたいこと、楽しみ、生き甲斐をつくる支援をする「黒子」(I先生はこの比喩を良く使う)に注目するゼミ。

・ゼミの形式
I先生は産休を取られていたため、久しぶりにまたゼミを受け持つのだとか。
そのため先輩は全くいないらしい。
取材は基本2人以上で担当する。
録音ミスの防止や、誰かが行けなくなっても取材を続行できるようにするためらしい。
場合によってはみんなで取材に行くことも。
また、取材先の都合に合わせてゼミの活動時間がよく変動するとか。

・卒論について
インタビューした内容をそのまままとめて良いらしい。
卒業生の中ではまちづくりと生涯学習、不登校の子に対する生涯学習的アプローチなどを題材に論文を書いた人もいるらしい。
女性の先生は説明がシンプルかつ分かりやすくて助かる。

・所感
図書館に関連させられるゼミなのでとても魅力的。
しかも生涯学習的観点から見られる。
取材をすることで知られていない一面を発見できるのも楽しそう。
やるとするなら司書に取材かなあ。
ゼミも比較的フレンドリーというか、和気あいあいとした雰囲気で活動できそう。
お子さんがまだ小さいため、ゼミの指導をまだ安定して行えない可能性がちょっとありそう。


大体こんな感じである。
ただ今の時間午前2時46分。
ちょっと休憩を挟んで決定に踏み込みたいと思います。


ただ今の時間午前3時09分。
ゼミの決定をしたいと思います。

書き出したり、書いたものを読んでるうちになんとなく決まってしまいました。
S先生のゼミに入りたいな。
理由としてはやっぱりこの先生に教わりたいって気持ちが強いです。
色んなことに疑問を持ったり、それに対して自分なりの意見を言ったりするところとかね。
そういうとこは授業でも何回か見てて、感心してた記憶があります。
それからデジタルアーカイブに関してもそういう視点を持って取り組みたい。
そこからひとつに絞って掘り下げてみたい。
ちゃんとした理由になってるかな?

多分今回は後悔しない選択をしたと思う。
あとは明日、ゼミ希望書を書いて提出するだけだね。
ただ今の時間午前3時17分。
ゼミの希望書の欄を全て埋められるかとうか不安ですが、とりあえず寝ます。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ