FC2カウンター

プロフィール

久世

Author:久世
元HNは「微雨」「雨月」でした。
「久世」に改名しましたが、どれも私には違いないのでお好きなHNで呼んでください。

・上の絵はまろさんに描いてもらいました!

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

別の人から見た紫苑先生

Category : 紫苑先生
善い人生の生き方を探求するにあたって、「あっ、この人の生き方いいな」みたいなモデルを参考にする方法があると思われる。
ということで、私は今現在紫苑先生の生き方に関心が高い。


そんなこんなで、
【ゆるふわ人物紹介】

・紫苑先生(40代男性)
最近エクセルで暗号作成機を製造した。
謎解きはパズル・論理系が得意。
まるで菩薩のようだ!

・桔梗(19歳女性)
最近趣味で暗号の勉強を始めた。
謎は解くより作る派。
紫苑先生まじリスペクト。


紫苑先生に関することを、第三者から聞く機会があった。
去年、ちょっとした縁である先生の研究室にお邪魔していた時期があったのだ。
その先生曰く、紫苑先生とは「親友」。
二人は同期らしいため、大学の教員として就職し始めた頃はよく一緒にご飯を食べに行ったそうだ。

その先生との会話は、主に経済学と紫苑先生についてである。
前者は、私が先生の経済学の授業を受けていることから。
後者は私たちの共通点として、紫苑先生が挙げられるからであろう。

どちらも先生だからややこしいな。
名前をつけよう、経済学の先生は以降「緋桐(ひぎり)先生」と呼ぶことにする。
特にその先生と緋桐に関連などはないが、かっこいいから良しとする。

授業を忌引きで休んでしまった日、後日緋桐先生に休んだところを教わったことがある。
結論を言ってしまえばあまり分からなかった。
私がずっと昔から、人に勉強を教わるときに感じる嫌な感じ。
相手が前提として話すところからついていけず、自分が無知だと自覚させられる感覚。
それがどうしても嫌で、自然と拒絶反応が出てしまう。
昔から人に何かを教わるということが不得手だったものだから、その時もあまり学習をした気になれなかった。

その頃は紫苑先生にSPIを教わっていた時期でもあった。
紫苑先生との勉強会では、そのような拒絶反応が起こらなかったなと思った。
紫苑先生は教えるのが上手いのだろう、多分。

紫苑先生の話題は結構盛り上がった。
盛り上がるというよりは、会話が続くと言った方が適切かもしれない。
私の知っている紫苑先生と、緋桐先生の知っている紫苑先生は違う。
当たり前ではあるが、とても興味深く思われた。
特に過去の話とか、そんなことあったのかと意外だったエピソードもしばしば。
色んな人に紫苑先生のことが聞ける機会があったらいいなと思った。

それから、紫苑先生の私に対する評価を聞けたこともあった。
紫苑先生と緋桐先生が久しぶりに飲みに行ったらしい。
そこで生徒の話が持ち上がったらしく、私の名前も出たようだ。
良い面と悪い面を紫苑先生は話した。
その内容が緋桐先生の口から聞けたのだが、なかなか斬新な意見だった。
恐らく、それは先生の正直な意見なのだろう。
私は先生からそのような言葉を聞いたことがなかったから、先生から見た私を知ることができて少し嬉しかった覚えがある。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ