FC2カウンター

プロフィール

久世

Author:久世
元HNは「微雨」「雨月」でした。
「久世」に改名しましたが、どれも私には違いないのでお好きなHNで呼んでください。

・上の絵はまろさんに描いてもらいました!

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

紫苑先生と電子メール

Category : 紫苑先生
私は紫苑先生とメールをすることがあるのだが、今回はそのことについて記そうと思う。

初めてメールのやり取りをしたのは8月の上旬である。
先生が、前日疲労でぐったりしていた私に対して、ちゃんと帰宅できたかを確認するような内容だった。
先生にメールアドレスを教えた覚えがなかった為驚いたが、それよりも心配をしてくださったことが嬉しかった。
どれくらい嬉しかったのかというと、歓喜の声を上げながら全力でダッシュをしたかったくらいである。
しかし、その時は外出中であったため、溢れんばかりの感情は内心に留めることに努めた。

暫し喜びを噛み締めた私はふと思った。
返信どうしよう。
普段先生に対してタメ口であるが、メールの時は敬語の方がいいのだろうか?
そもそもこのメールアドレス(見るからに仕事用)に返信していいのだろうか?
でも、他に先生の連絡先知らないしな…。
ということで、私はいくつかの選択肢を立てることにした。

①敬語で現状報告と感謝の言葉を返信する。
②返信はするが、ボケる。
③後日直接あったときに礼を述べる。

この記事を読んでいる方はどれを選択するだろうか?
ちなみに私は②を選択した。
結構賭けだった。
紫苑先生が優しい方だった為、結果的に反応は良かったのだが、皆さんはどうか年上の方にメールをするときは敬意を払った態度で対応してください。
紫苑先生は菩薩のような人なので例外です。
あ、ここテストに出るので赤線引いといてくださいね。
紫苑先生マジ菩薩。

そんなこんなで紫苑先生とのメールのやり取りが始まった。
私のメールアドレスは、私が入学時に大学に提出した個人情報をたよりに調べたらしい。
連絡が取れないと困るときや、正当な理由がある場合は、生徒の情報を見てもいいシステムなのではないだろうか。
詳しくは分からないため推測ではあるが。
私としては、事前にノリで学園祭実行委員会で使用した名刺を渡していたので、個人情報に関してはそれほど厳しく思わない。
それに、心配してくださった内容なので、むしろ感謝するべきだと思う。

主にやり取りするメールの内容は、予定の確認である。
この時間は空いているとか、この日にちは忙しいとか、このときお伺いしますとか。
それなりの頻度で研究室に遊びに行っているため、毎回空いている日の確認をすることがある。
他には、疑問に思ったことを質問したときがある。
「どうして-1と-1をかけると+になるの?」
「論理ってなんで国語や理科の教科書じゃなくて、数学の教科書に載っているの?」
親切に答えてくださった先生の内容もそのまま記事に残したいとは思うのだが、それはまた許可を得る必要がある気がするので控えよう。
不用意に記載して問題になったら、私だけでなく先生が困ってしまう。
私は先生から有益なものをたくさんもらっている。
しかし、私は先生に何も利益を提供することができていない。
だからせめて、先生に迷惑がかからないよう努めたいのだ。
ブログの記事も例外ではないため、何かしらの問題があったら指摘してくださると助かります。

紫苑先生とメールを始めたばかりの頃、実際に合う時とメールでやり取りしている時の印象にギャップを感じることがあった。
これは紫苑先生だけではなく、友人や家族などにも当てはまる。
恐らく、対話するときよりも情報量が少ないメールでは、足りない部分を想像力で補っているのではないだろうか。
そしてその想像というものが、無意識に私の都合の良い理想に変換されて、実際にあった時に違和感を感じるのだろう。
何回かやり取りをしているうちにそのギャップは修正されていくのだが、このギャップというものはとても楽しい。
紫苑先生はメールでは敬語を使うことが癖のようで、文面では少し硬い印象を受ける。
しかし、実際はとても優しい方であるし、面白い面もある。
私が「SPIの勉強をやった」という報告をすると、メールでは「もう終わりましたか。頑張りましたね」と返事が来るのだが、実際には「うん、えらい。頑張った」と言われます。
同じ人が2つのパターンで同じ反応をするというのはとても興味深い。
それと、先生に褒められるのは嬉しい。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ