FC2カウンター

プロフィール

久世

Author:久世
元HNは「微雨」「雨月」でした。
「久世」に改名しましたが、どれも私には違いないのでお好きなHNで呼んでください。

・上の絵はまろさんに描いてもらいました!

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

2009/07/26の君へ

Category : 過去の君へ
死にそうだ、と君は言った。

それは陰鬱な気分から吐き出されたものではない。
君の本心を晒け出した羞恥からくるものだ。
簡単に言えば、恥ずかしくて死にそう。

君は昔から直接的な言葉を避けたがる。
要求などは特に、思っていても決して口に出すことはない。
何故君は感情を言葉に表すことが苦手なのだろうか。

君は両親に告げたんだ。
甘えたいと、愛されたいと、頭を撫でてほしいと。
一般的に家族であるならば当たり前にされていることを、君は要求したんだ。
その時は声が震えただろう。唇を開くことすらやっとのことだろう。
きっと君は泣いていた。

君の両親はその要求を聞いて何をした?
結局は、一時的なものだっただろう。その場しのぎの愛を提供した。
君の母親が君を抱き締めたのはその時以来ない。
それと、君は人に愛されるという幸福に耐えられず拒絶してしまったんだ。
頭を撫でる父親の手を、君自身が引き剥がした。

そして君は、これを「失敗」と呼んだ。
更に心を閉ざしてしまったのだ。
勇気を出して本音を告げた君を高く評価しよう。君にとってはとても難易度の高いことなのだから。
しかし、現実はそれほど優しくはないようだ。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ