FC2カウンター

プロフィール

久世

Author:久世
元HNは「微雨」「雨月」でした。
「久世」に改名しましたが、どれも私には違いないのでお好きなHNで呼んでください。

・上の絵はまろさんに描いてもらいました!

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくっこ←New

Category : 主観的思想
私の中に新しい私がひょっこり出て来ました
名付けて「ぼくっこ」です

私が多重人格って訳ではないのですが
時や相手によってかなりテンションの差や対応の差が広いので、なんかひとつひとつ分けようかなと思ったわけです
めっちゃハイテンションでアホなこと言いまくる奴とか(かなり親しい友達の前でのみ出てくる)
無表情、生返事、その他もろもろ話しかけるなオーラ全開のくそ無愛想な奴とか(興味ないときとか読書してるときとか特に出てくる)
なんか論理的だったり暴言吐いてたり泣き虫だったり色々あるわけですよ
(詳しく言えば泣き虫っこはちょっと違う。どんな性格でも些細なことで泣きやすいので)

そんなこんなで新人の「ぼくっこ」
どんな性格なのかまだわかりませんが、一人称が「ぼく」になるのが特徴
普段の一人称は私です
でも私になる前の一人称はうちだったので、たまにうちって言うこともあります
とにかくこのぼくっこが何を意図して現れたかが気になる
暫く様子見てみようかなぁ

防衛機制の退化って私と関係ないなと思ってたけど
なんか…あれ、無関係ではいられなさそう?
今思ったことだから確信はないけれど

私は泣き虫です
一日一回泣くとかそれほど頻繁ではありませんが
悲しいときや悔しいときだけではなく
爆笑したときや深く感動したときも涙目になります
つまりは強く感情を感じたときに影響されて泣くんじゃないのかな

んんん…とは言っても人前では泣きませんよ
あ、泣くか
あれ、やっぱり泣かない…?どっちだ?
えっと、先生の前では泣く
本音引きずり出されたときとか
私を知ってくれたこと、私に注目してくれた強い嬉しさもあるのかな
友達の前ではマイナスな感情での涙は見せません、これ絶対
そんなことしたら溜め込んでる愚痴も吐かずにいる努力がぱーですよ
友達の前では爆笑したときかなぁ
授業中は先生の話で深く感動したりしたときはうっすら涙目
あとは一人でぐずぐず泣いてるだけですね

でも人前で泣こうとしないならこの性質も嫌いじゃない
泣けばすっきりするしね
ある意味私のストレス発散方なのかもしれない

話は変わるけど、嫉妬について
人に依存したら冷めるのって結構遅いじゃないですか
人によりますし、そもそも依存しにくい人もいるけれど
その間どうしようかなぁって思うわけです
どうしようね(´・ω・`)

自他ともに不利益しかないんで出来るだけ表面に出さないよう気を付けてはいるけれど
無意識に出ていないかが心配
多分私は一人の人に執着することは一生止められないだろうし
それはどんどん移り変わっていくのだろう
ならばそれと上手く付き合う方法を身に付けないとね

んー…このままじゃ辛いかなっていうのが現状
更に私は溜め込むからたちが悪い
それなら誰かに相談すれば?っていう意見もあるけれど
性格的になかなか難しいところです
人に弱味を見せて、自分よりも下だと思われたらどうなるか分かりません
自分を守るには強く、立派な人にならなければなりません
小さい頃に学んだことです

久しぶりに筆が乗ります
恋愛は来世に期待
今はちょっとよろしくないです、恋愛をするには環境が適切でなかった
両親は嫌いとまではいかないのですが、そういう面で親としてどうよと思う
恋愛感情は子孫の繁殖を促す、本能に組み込まれたプログラム
いずれ愛は冷めるのだから、なんだかなぁと思うのです

「私のことどう思う?」とか頻繁に聞かれたらうざいですよね
嫌われてるかもしれないと不安で聞いているのかもしれませんが、しつこく聞かれるとそのせいで嫌いになってしまいますよね
そんな感じの社会心理学を今日大学特講で学んだのですが
「私のことどう思う?」って、聞けるもんなら聞きたい
ただそれを相手から聞いたからとして満足するのはその場だけだし
更に相手に対する独占欲や回りに対する嫉妬が酷くなると思う
一人占めしたいって本気で思うときがあるのだから(もちろん自分の中で抑制してます)、危ないじゃないですか
困ったな、人が信頼できそうにない
私の中での一線に踏み入れることを許し、受け入れられる相手ってなかなかいないんだよなぁ
どっかにいないかな、そんな相手
そんな簡単に見つかったら既にいるだろうとは思うけれど
スポンサーサイト

非公開コメント

  

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。