FC2カウンター

プロフィール

久世

Author:久世
元HNは「微雨」「雨月」でした。
「久世」に改名しましたが、どれも私には違いないのでお好きなHNで呼んでください。

・上の絵はまろさんに描いてもらいました!

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠回りな言い方も良いものだと思う

Category : 日常生活
 思ったことをありのままに表現するのは分かりやすい。しかし、自分が知っている言葉を最大限に活用して、相手へ気持ちを伝えるというのも魅力的だと思う。今回取り上げる具体例は、恋愛感情をどうやって相手に伝えるか。そのまま「愛している。」でもいいけれど、どちらかといえば遠回りに言ってみたい。「月が綺麗ですね。」など、言葉に表せないくらいときめきませんか。指の先までもが痺れるような、そして胸の高まりが収まりきらないくらい感動する台詞を見つけてみたいものだ。
 自分で考えてみるならば、「君の瞳に恋してる。」、「君と出会えたのは、赤い糸で結ばれているからだ。」などは、なんとなく少しばかり古い気がする。経験が少ないため情報は少ないが、なんとか頭を捻って意見を絞り出そうと試みてみる。数分間考えてみたけど、思い付いたのは「私の夢は、心の奥底から本当に信頼できる人が出来ることです。貴方は、私の夢を叶えてくれますか。」自分で書いてて恥ずかしいですね。と言っても、今後恋愛感情を抱くことはないと思います。年齢や性別も関係なしに、人を好きになるという気持ちが嫌なのです。友人関係もたまにそう思うことがあります。これは仕方がないですけどね。
 ということで、記事そのものも分かりにくい遠回しな古文にしてみました。現代語訳文は次の記事に書こうと思います。といっても、ただ古文に翻訳してくれるところで変換しただけだけれど。

ということで現代語訳文でした
現代文→古典に直すやつが面白すぎてブログにも書いてしまった
これで小説を古文に直すと雰囲気がめっちゃすごいことになるwww
スポンサーサイト

非公開コメント

  

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。