FC2カウンター

プロフィール

雨月

Author:雨月
性別:女
年齢:学生
性格:マイペース
趣味:創作と読書と主観的考察

・上の絵は私の知り合いのまろさんに描いてもらいました!

・ブロとも申請、リンク追加をしてくださる際はお手数ですが声をおかけください

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の笑顔で花が咲く

Category : サブ創作小説
僕の好きな人は滅多に笑わない。
笑えないのではなくて、笑いたくないらしい。

「私、普通に生きたかったの」

閉店後の喫茶店。
カウンター席で、ぽつりと彼女が呟いた。
僕は食器を片付けていた手を止める。
物憂げに伏せられた目元が、なんと美しいことか。

「友達が欲しかった。恋人も、家庭も。誰かと幸せを築きたかったのよ」

でも、と形の良い唇が震える。
次の言葉が紡ぎ出される代わりに、一筋の涙が溢れた。
彼女は普通に泣けるのに、普通に笑うことができない。
花が咲いてしまうからだ。

彼女が笑うと、彼女を囲むように色とりどりの花が宙を舞うのだ。
それは、まるで魔法のように。
あるいは、呪いのように。
理屈など分からないのだから、解決法も見つかるわけがない。
彼女は奇怪の目を恐れ、笑わなくなってしまった。

「僕は好きなんだけどな。君の笑顔」

彼女は微動だにしない。
たった一つ、カウンターだけで隔てられているだけなのに、心の距離はうんと遠い。

嘘なんて言ってないのに、なんで伝わらないのだろう。
無機質さを帯びた西洋人形のようなその顔が、純粋な喜びを滲ませて、しかし笑いなれてないのかぎこちなく頬を緩ませる様子に、僕はとてもひかれるのだ。

静かに、何も言わず俯く彼女。
僕は何度もこのような彼女を見てきた。
周りからの声に聞く耳を持たず、心の中でずっと自分を責め続けているのだ。
何を言っても無駄なことは分かっている。

紅茶の茶葉と牛乳を小さな鍋に入れ、火にかけた。
僕が何度も彼女にしていることだ。

「はい、どうぞ」

鍋からティーカップにこしたロイヤルミルクティー。
カウンターに差し出すと、彼女が顔を上げた。

「おいしい」

そう言ってふわりと花を咲かせる彼女は、やっぱり綺麗だった。
スポンサーサイト

近況報告

Category : 日常生活
第一志望のゼミが決まりましたー!
いえーい!!
これから著作権について学べるといいなぁ。
著作権マスターと呼ばれる程に著作権をマスターしたい。


学園祭が間近です。
去年は結構切羽詰まっていて余裕がなかったけど、今年はだいぶ落ち着いて挑めそうですね。
片付け日までは社畜のごとく働きますよ!


課題が色々課せられています。
右のT先生、左のI先生というような課題の鬼が双璧を成しており、プラスアルファで今回の学期は課題を出す先生が集中しているため、プライベートがプライベートじゃないことに。
課題以外の学内での活動でも色々やることがあるので、なかなか厳しいところ。


紫苑先生の研究室にあんまり行けてません。
単純に私と先生の空き時間が合わないからです。
よく研究室に出入りしている友達がすごく羨ましいのですが、自分で選択して時間割りや他の活動のスケジュールを組んだので後悔はしていません。

眠れないので一筆

Category : 日常生活
ゼミの希望書を書き、
えいやと投函し、
両手を叩いて拝み、
そのあとちょこちょこ提出場所を覗きに言っていました。
自分が思っているよりも不安なのかもしれない。

というよりは、今眠れない原因はほかにあります。
明日は妹と高校の学園祭に行き、そのあとカラオケに行く予定です。
妹と遊びに行くことは珍しいのですごい楽しみです。
しかし明日は大学の学園祭の備品作りで集まりがあります。
仮病でお休みする予定なのですが、結構時間が合わずなかなかお手伝いできていないので、少し心苦しいです。

ゼミ選択をリアルタイムでしてみる

Category : 主観的思想
ゼミの希望書を明日提出しようと思います。
それに伴い、今から色々書きながらゼミを選択していこうと思います。

ただ今の時間午前1時28分。
あれこれ悩むのは、追記にて。

→続きを読む

大学でしていることを整理してみた

Category : 主観的思想
大学に入学して以来、色んな団体やサークルに所属している。
バイトも始めたりして、それなりに充実はしているかもしれない。
何故それらを始めてみようと思ったのには、ちゃんと理由があるのだ。
色んなことを持続的に平行する能力を培いながら、私がどれだけ成長できるか試してみたい。
こんなことを、去年の春には思っていたはず。

普段はどれも自分のためだと頑張っているのですが、たまに疑問に思うことがあるのです。
「なんで私はここに所属しているんだろう」と。
なんとなく嫌になってしまうときもあります。
最初はすごくやりたくて入った筈なのになあ。
ということで、疑問を解決!といいますか。
その活動をすることで何が得られるかを考え、「だからここに所属しているんだ」ともう迷わないようにするために記録を残します。

続きは追記にて。

→続きを読む

紫苑先生からの出禁

Category : 紫苑先生
只今ゼミの選考期間中であります。
その為ゼミ相談が行われ、各研究室に同じ学部の人たちが訪れます。
ゼミ選択に影響が出てしまうからという理由で、「ゼミ相談の時期は研究室に立ち寄らないでください」と紫苑先生から通達がありました。
ということで授業の空き時間を持て余している日々です。

ゼミどうしようかしら。
とりあえず、紫苑先生のゼミは受けないことに決めています。

ちょっとした予告

Category : 日常生活
最近大学が始まり日に日に忙しさが増してきます。
そしてゼミという大きな選択を迫られているので、これを気に自分の内面を掘り下げていこうと思っています。
色んな先生にお話をうかがったりをしていますが、やはり自分を知ることで選ぶべきゼミが分かるのではないかと思います。
ということでそのうちぽつぽつと自分のことについて書くかもしれません。
前回の記事はそのうち続きを書きます。
本がまだ手元にないので、手に入ったら。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。