FC2カウンター

プロフィール

久世

Author:久世
元HNは「微雨」「雨月」でした。
「久世」に改名しましたが、どれも私には違いないのでお好きなHNで呼んでください。

・上の絵はまろさんに描いてもらいました!

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

智を愛するということ1 青と世紀末の詩

Category : 主観的思想
大学生の夏休みというものは、退屈なものだなあ。
もうすぐお昼という時間に目が覚めて、暫くぼんやりしているときに、なんとなくそう思った。
9月の初旬。
妹と弟は学校が始まったというのに、私はあと2週間も休みがある。
先月は長期休暇に心から喜んでいたはずなのだが、今となっては毎日が忙しない学校生活が恋しい。
この退屈をどうにかしたかった。
私は財布を開き、数枚のお札を確認する。
よし、いける。
そう確信した私は、車の鍵と財布、それから携帯電話を鞄に詰め、ついでに読みかけの本も持って家を出た。

目的地は家から車で約30分。
通学路の途中に通る、駅の近くにあるカフェは、案外見つけにくい。
和風の一軒家そのもの、隠れ家のようなそこは、心から落ち着ける空間だった。
日当たりの良い席が空いていたため、そこに座る。
窓で隔てられていなければ縁側のようだ。
定員に注文し、冷えた水を飲んで一口飲む。
料理が運ばれるまでまだ時間がある。
それまでどうしようかと考えて、ああ、と思い出したように、鞄から本を取り出した。

「『世紀末の詩』か。良い選択だね」
落ち着いた女性の声が、目の前から。
はっと顔をあげると、私と向かい合うように見知らぬ人が座っていた。
「……大学に知り合いの事務員がいて、貸してもらったんです」
驚きながらも言葉を返す。
何故だか、悪い気分はしなかった。
見たところ私よりも年上。
しかし、そう年を取っているように見えないところから、20代前半だろう。
艶のある黒髪を一部後ろに束ねた髪型は、そうだ、確かハーフアップといったはずだ。
凛とした顔立ちの中でも、一際目立つ青い瞳は、夜空のようにきらきらしている。
こんな大人っぽい人でもカラーコンタクトなんてするんだなあ。
そう意外に思っていると、彼女は形の良い口元を緩めた。
「読み終わったら、またここにおいで」
「それは、どういう」
疑問を投げかけるところで、料理が運ばれてきた。
彼女は音も立てずに席を立ち、店員の後ろを通り、それから。
「嘘……」
消えてしまったのだ。

手元の本を見る。
タイトルは『世紀末の詩』。
本当の愛を見つけるべく、主人公たちは色んな人々の愛の形を見て、否定を繰り返し、最終的になにが残るかを探っていく。
愛ってなんだろうなあ。
ぼんやりと少し考え、すぐに行き詰まってしまった。
本を読んでからまた考えることにしよう。
そう思い、私は料理に手をつけることにした。


『世紀末の詩』
(Amazonのリンクです)

続きは自分なりの考察であるため、出来ればこの本を読んでからの方が楽しめると思います。

→続きを読む

スポンサーサイト

私の目に映る彼女は15

Category : サブ創作小説
 彼女と外食をしたときのことである。夕飯は彼女の手料理が殆どであり、彼女が出不精だった為、当時は斬新に思えた記憶がある。
 商店街を通り、最寄り駅から隣町へと移動する。改札を越えてからは、彼女の後ろをついて見慣れない場所を歩く。目的の場所まではそう時間は掛からなかった。大通りから細い道に入ってすぐ、ひっそりと一軒の店が佇んでいた。
 どこか商店街に構える喫茶店に雰囲気が似ている。少し前に時間が止まってしまったような店内。ここはどんなお店なのですか。席に座ったところを見計らい、私は彼女に尋ねた。
 彼女は一言、洋食。とだけ答えて、店員からメニューを受け取った。目の前に広げられたメニューは手書きの、料理名がずらりと並んだ素っ気ないものであった。
 彼女がハンバーグを注文したため、私も同じものを店員に伝えた。その瞬間、ふと視線を感じて目の前の相手を見たが、彼女は何事もなかったかのように視線を逸らした。
 一昔前の人の贅沢。そんな印象を持った。ハンバーグがどんな味だったとか、どんな皿だったとか、そのような記憶は随分と昔に薄れてしまったが、印象だけは強く根付いているようだった。
 ナイフとフォークの使い方が曖昧で、彼女が食べる様子を見よう見まねで試してみる。彼女はお手本そのものだった。とても器用に、それらの食器を使いこなすのだ。
「食べ方がとても綺麗ですね。羨ましいです」
 私の声で、彼女が顔をあげる。数秒、ぼんやりと私の顔を眺めていたがすぐに焦点が合う。
「教わったんだよ、昔」
 誰に。そう聞こうと口を開き、喉から出た言葉は、そうですか。と、会話を終わらせるものだった。聞いても答えてくれないことは経験からして明白である。
 彼女との食事は会話が少ない。それが決して居心地の良いものとは思わなかったが、それでも構わなかった。彼女と一緒に入れるならば、それで。
「私、告白されたんですよ。先週。結局断っちゃいましたけど」
 彼女は私を一瞥し、また皿へと戻す。遅れて、そう。とだけ返事が返ってきた。
 彼女の頭の中では、きっと私の顔も名前も知らない誰かが居座っているのだろう。遠くの誰かより、近くの私を見れば良いのに。そう不満に思ったが、口に出すことはしなかった。



久しぶりのわたかのシリーズ。
not同性愛です。
憧れと恋の感覚があまりにも近いので、彼女と私の気持ちが結構リンクすることがあるんです。
わたかののスピンオフ作品を1年前くらいから考えてますが、まだ形にすることは出来ません。
そのうちテーマが決定したら書き始めるかもしれません。

紫苑先生の性格についての考察

Category : 紫苑先生
<カテゴリー『紫苑先生』とは>
紫苑先生(仮名)という先生を、桔梗(筆者の仮名)の目線で書いてみたほぼノンフィクション記録。
プライバシー保護の目的や記憶が曖昧でたまにフィクションが入るかもしれない。


<久しぶりの人物紹介>

・紫苑先生(40代男性)
大学の教員。
夏休み期間も仕事や私用に追われ忙しい様子。
たまには休めばいいのに。

・桔梗(19歳女子大学生)
夏休みは色々と充実した日々を過ごしている。
何より夏休みの課題がないのが喜ばしい。
それが故に常に金欠である。

→続きを読む

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ