FC2カウンター

プロフィール

久世

Author:久世
元HNは「微雨」「雨月」でした。
「久世」に改名しましたが、どれも私には違いないのでお好きなHNで呼んでください。

・上の絵はまろさんに描いてもらいました!

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の目に映る彼女は12

Category : サブ創作小説
 彼女がその場にいなくても、私は彼女を連想する時がある。それは、彼女に似ている他人を見たときだ。
 そのような人物は、顔や性格が本物そっくりだというわけではない。ただ、ほんの少し雰囲気が似ているだけである。しかし、それだけでも通りすがりに振り返ってしまう。私はその度に、彼女に対する依存症を自覚させられるのだ。
 当時、私が高校生であった頃。新任の国語の教師は、まさに彼女を思わせる人物であった。
 その女教師は、大人しい性格故に、生徒から人気があるとは言いがたかった。また、お洒落というものに疎いらしい。服装や化粧はとても地味なものであった。しかし、彼女と雰囲気が似ていたのだ。
 私は女教師と話す機会が多く、親しかった。私から話し掛けたのがきっかけだ。本の話はよく会話が弾んだことは覚えている。そしていつも、頭の片隅には彼女の存在があったことも覚えている。
 また、こんなこともあった。私が女性を助けたときの話だ。
 ある休日、私は電車に乗るために駅の改札口を通過した。それから人の流れに乗って階段を下りていると、目の前の女性に目をひかれた。やや猫背気味の後ろ姿が、真っ先に彼女を連想させたのだ。
 自然と視線がその女性に向いてしまう。あと数段で下り終わるなと思った途端、彼女が階段を踏み外してしまった。
 大丈夫ですか。そう声をかけたのは私だけだった。周りの人々は、その女性を一瞥しただけで過ぎ去ってしまう。冷たいものだ、と私は思った。
 女性に怪我は無かったものの、頭を打ったようで、立ち上がったときに足元がふらついていた。私が女性を支えながらベンチへと座らせると、女性は有り難う御座いますと微笑んだ。
 その笑みに、私は内心でチクリと痛みを感じた。私が見ているのは彼女であって、その女性ではないからだ。そして女性が彼女に似ていなかったら、きっと私も他人事のように、転んだ女性を無視していたのだろうと思ったからである。
スポンサーサイト

なんやかんやの詳細

Category : 日常生活
教習所の卒業検定とバイトの面接やったけど落ちた
明日からは学年末テストだね
卒検はまた受け直す、バイトも探す
あまり暇とは言えなさそうな状態だ

ああ驚いたって内心思って

Category : 日常生活
何日も前の話だけど、珍しいことがあった
それでいて小説に体験した感覚を使いたくて、考えたのだけれどなかなか良い表現が思い浮かばなかった
精々マッチみたいだなと
だけど徐々に熱を持つ感覚はマッチとは似ていないような気がする

何があったって、頬が紅潮しただけのこと
それと対比的に頭はやけに冷静なもので
随分と客観的に自分を観察しながら小説の表現方法を考えていた
どれ程冷静であっても意識的に頬の熱を冷ますことは出来ないらしい

私の中ではこの出来事が印象強い

バイオリンの栞(実物)

Category : 小説関連



『商店街の雑貨屋で見かけた、バイオリンの形をした栞である。店の照明にかざすと、品のある金色の光が反射する。私はその栞が一目で気に入った。』(私の目に映る彼女は11より抜粋)

なんやかんや

Category : 日常生活
今週は結構なんやかんやあって
来週もなんやかんやあるので
来週か来月に何をしていたか報告しようと思います

近況報告

Category : 日常生活
学校いったり教習所いったりしました
今日高速道路乗ったので、終わりは近い!
来週の休日には卒検受けられたらいいなぁ

純文学コンビ

Category : メイン創作小説
「こんにちは、説さん。涸月つらら先生の新刊って、どこにありますか?」
日が傾く時間、決まって彼女は図書館に訪れる。学校が終わって寄り道をしているのだろう。平日の彼女は、いつも高校の制服姿だ。
僕は、返却された本を書架に戻す手を止めて、彼女の方へ振り返る。
「愛里さん、こんにちは。その本は確か……既に貸し出されているはずですよ」
「そうですか……」
愛里さんは肩を落とした。余程その作家の本が好きなのだろう。
「今日学校の図書室でも探してみたんです。だけど、やっぱり貸し出されていました」
諦めがつかない様子で話す愛里さんに、僕は同情する。涸月つららの作品は、新刊が出る度に彼女の話のようなことが起こる。僕の職業が司書であっても、その現象は変わらない。
「他の作品は読みましたか?」
「勿論です! 今までの先生の本は全部読みました」
「では、『月のおと』は?」
「え?」
愛里さんの不思議そうな表情に、思わず笑みが溢れる。やはり知らなかったのだろう。 僕は得意げな気持ちを押さえて、説明をした。
「涸月つららは、別の名前で児童文学も書かれているんですよ。その児童書の代表作が、『月のおと』です」
愛里さんが驚く。そのような反応から、僕の情報がかなり希少なことだと分かる。実際、涸月つららは児童書を出版していることを公表していない。そのため、知っている人はかなり限られてくるだろう。
「そんなことも知っているなんてすごいですね。やっぱり、図書館で働いてるから詳しいんですか?」
「ええ、それもありますが……。一番の理由は、僕も涸月つららの作品が好きだからでしょうか」
「説さんもですか? 良いですよね、純文学が好きである人ほどはまってしまう感じで」
「そうですね。愛里さんは、どの作品が一番好きですか?」
どの本も好きですが……。と、彼女は頭を悩ませる。出版されている本の数は少ないが、一つも駄作がない。悩むのも当然だと思いながら、僕は答えが出るまで見守った。
因みに、僕が一番好ましい作品は、処女作の――
「『私の目に映る彼は』です」
今度は、僕が驚いた。それから、じわりじわりと喜びが込み上げてくる。
「僕もです。あれほど主人公の心情が伝わる作品は初めてでした。まるで、現実がそのまま小説になっているかのようです」
「それに、読み終わったあとにずっと本のことを考えてしまうんです。結局主人公は片想いのままで、好きな人と会えなくなっちゃったけれど、相手は主人公をどう思っているのか謎のままなんですよね……」
「そこは意見が別れるところですね。僕も……正直なところ、どちらかは分かりません」
「主人公も言ってますけど、本当に『狡い人』です。主人公どころか読者まで夢中になってしまいますよ」
今までも、愛里さんが図書館に現れる度に挨拶を交わしたことはあるが、今回は本当によく会話が弾む。
話し込んでみて分かったが、互いに好みが似ているようだ。何故もっと早く彼女に話しかけなかったのだろう。そう思ってしまうくらい、愛里さんとの会話は楽しかった。
それから愛里さんは帰り際に、『月のおと』を借りていった。
また明日来ます。と言ったので、待っています。と返事をした。

せっちゃん(説)とめぐちゃん(愛里)を純文学コンビと命名する!
やっとめぐちゃんが喋りました
まだまだ書きたいネタはいっぱいあるので
暫くは小説の記事が多くなると思います

体調不良

Category : 日常生活
昨日から妙な圧迫感というか、不快感がお腹の上らへん(胃かみぞおちあたり)でずっと起こります
痛みは感じないし大したことはないけれど
健康であることに越したことはないので今日もさっさと寝ます

私の目に映る彼女は11

Category : サブ創作小説
 彼女の趣味のひとつは、家庭菜園だ。彼女の家のベランダには、プランターや鉢植えが置いてある。育てている作物はトマトや茄子、苺など。これらのプランターによって、ベランダの大半のスペースが占領されている。
 収穫したもので彼女が料理を振る舞ってくれたこともあった。彼女は長年一人暮らしをしているらしい。そのため、家事は慣れているようで、私よりもとても上手である。
 普段は早く作れる簡単な料理しか作らないそうだが、私が夕飯に呼ばれるときはいつも、手の込んだ料理を作ってくれていた。当時の私は、それが密かに嬉しかった。
 彼女は人付き合いを苦手としているように見えるが、だからといって全く人と関わらないわけではないらしい。
 家庭菜園で実った作物は、アパートに住んでいる人にもお裾分けしている。住人と親しそうに会話をする彼女を見ていると、僅かにではあるが、居心地が悪い気分がした。

 彼女が読書家でありながら栞を持っていないということは、以前に記したと思う。私はその出来事の後日、彼女に栞をプレゼントした。
 商店街の雑貨屋で見かけた、バイオリンの形をした栞である。店の照明にかざすと、品のある金色の光が反射する。私はその栞が一目で気に入った。彼女にきっと似合うだろうと、贈ったときの反応を想像して、心を弾ませた。
 栞を受け取った彼女とはいうと、一言礼を述べて手にしていた本に挟んだ。それから居間のソファから立ち上がり、紅茶を淹れに台所へと去ってしまった。
 あっという間にぽつんと取り残された私は、彼女の反応に不満を感じていた。もう少し喜んでくれてもいいだろうと、そう思ったのだ。
 しかし、読書を再開した彼女は、とても面白い様子であった。
 ティーカップに息を吹きかけ、口に運ぶ。その間に、私は彼女が本を開いている姿を盗み見していた。
 姿勢正しく読書をしている、いつも目にする姿。栞は存在を忘れられたかのように机に放置されている。
 しかし、数分経つと、彼女に変化が表れた。
 栞を手にとって、片手でいじり始めたのである。縁をなぞったり、指先でくるくると回したり、メンコのように机へ叩きつけたりもした。その間、彼女は一切本から目線を外さなかった。
 栞か私になにか恨みでもあるのだろうかと最初は不安になったが、どうやらそうではないようだ。
 彼女は栞をいじったり、机に置いたりする行為を、ずっと繰り返している。それは、時間が一定に決められているわけではなく、集中力が切れたときに栞を手に取っているようだ。
 本に没頭しているときの彼女は、表情の変化が全くない。これが、このときまでの、私の考えであった。
 しかし、栞をいじる彼女には、微弱ながら表情に変化があったのだ。彼女をまじまじと見ていると、眉を潜め、唇を尖らせていることが分かる。
 数ミリ動いているか動いていないかという変化であるため、彼女を知らない人物には、ただの真顔にしか見えないだろう。
 彼女の意外な一面に、私は心の中で小さな喜びを感じていた。

わたかのシリーズ二桁になったわーい
7か8あたりを書いている頃から、もう10越えているんじゃないのかなと思っていたけれど
書き終わって確認してみたらそうでもなかった

「私」が「彼女」に対してどんな風な感情を抱いているのか、少しだけど浮き彫りにしてみました
時系列は頭の中でだいたい決まっているのだけど、あえて公表しません
理由としては、途中でオチや設定などを変更する可能性が大幅にあるからです
ちなみに今こうしようと思っているオチは、全米が泣く壮大かつスペクタクルな感じです(嘘です)
わたかのにまだ重要な人物が登場していないので(ネタバレ)、終わるのは随分と後になると思います

わたかのシリーズは30話を越えてから専用のカテゴリを作ろうと思っています
途中で挫折したらわざわざカテゴリ作る必要もない気がするので
たぶん30越えたらなにがなんでも完結させようって気持ちが起こるんじゃないのかな
途中で挫折したときは、簡単に物語の時系列や設定などをまとめた記事を上げようと思います

「伏線」って?

Category : 日常生活
「伏線」という言葉をとあるブログでたまに見かける
誰のブログかって、熱い語りを展開しているTさんですよ
その方のブログを見ていると、ふと思うことがあるのです
あらかじめ伏線を張っていると知らせるという方法もあるのかと

私の思う伏線は推理小説です
読み進めて後半、ここが伏線だったのかあ!と感動します
あとから深い真意が明らかになる、そんなイメージです

先に知らせることと後に知らせること
それによって文章に対する理解度や印象はどう変わるのだろうか
それぞれのメリットとデメリットを考えるのも楽しい

ちなみに私は、伏線はこっそり張る派です
誕生日のカウントダウン企画が良い例ですね
小説にも伏線を張るのは好きなので
わたかのにもなんか出来たらなと考えています

ある読者のファンレター(実物)

Category : 小説関連


めぐちゃんが書いた設定

YUKATA!

Category : 日常生活
Oh! This is Japanes YUKATA!
YUKATA is very wonderful!
I like YUKATA!

家族旅行の真っ最中です
ホテルに泊まっているのですが、そこで借りられる浴衣にテンションがあがっています
浴衣いいね浴衣
部屋着にしたいけどいくらくらいなんだろう…お高いのかなぁ

両親について

Category : 日常生活
私の両親はとてもという程ではないが仲が良くない
私にとって模範的な夫婦とは言いがたく、喧嘩になりそうなぴりぴりとした空気は本当にもう、関わりたいとは思えない
育てられている恩というものはあるのだが、その感謝の気持ちが薄れてしまうくらい人として尊敬ができない
長所もあるのは認めよう
ただ早く家を出て自立したいと言うのが本音のところである

両親について詳細を述べるのは後日になるかもしれないし、話さないかもしれない

私の目に映る彼女は10

Category : サブ創作小説
 彼女には自分の世界というものがあるのかもしれない。これは、私のただの推測に過ぎない。しかし、そう思わせるような素振りを見ることがあるのだ。
 彼女はときどき、体と意識が分裂するときがある。具体的に例をあげれば、考え事に没頭しているときだ。彼女独特の、近くのものに視線を落としているのに、まるで遥か遠くを見つめているような目。私ではそれを決して目にすることができないような、そのような「何か」を彼女はただ静かに眺めている。
 彼女と喫茶店に訪れたときである。私たちは、窓際の日当たりがいい席に座っていた。その店ではこの席が一番人気らしく、いつも常連客が悠々と紅茶を啜る姿が見られる。常連客以外でも、その席を狙っている人は多い。私が度々喫茶店に来ても、その席が空いていることはなかった。しかし、彼女と行ったその時だけは、偶然誰も座っていなかったのだ。他の席よりも、日差しによって少しだけ暖かい。それきり味わうことの出来なかった居心地のよさは、今でも微かに覚えている。
 私はシフォンケーキを頬張りながら、彼女に話しかけていた。内容は、学校の出来事、テレビのCM、本の感想など様々だ。彼女の意識は自分の世界へと飛んでいってしまったようで、どんな話でも生返事だった。ただ、目線だけは店の中をきょろきょろと見回していた。
 何を考えているのですか。私はそう彼女に質問した。秘密。と、私の視線を感じた彼女は、無理に唇の端をあげて笑みをつくった。
 彼女は私に声をかけられると、聞いているふりをする。相づちもそうたが、作り笑いも多かった。しかし、私をごまかせるほど上手とは言えない。生返事な相づちは似たような言葉を繰り返し使い、たまに私の話の内容と合わない反応をする。作り笑いも歪めるのは口だけで、目はどこか遠くを見ているだけだ。それに、私が彼女から視線を外すと、すぐに無表情になってしまう。
 私は彼女のその様子に不満であったが、仕方がないと諦めた。このようなことは今に始まったことではないからだ。シフォンケーキを平らげ、文庫本を開く。
 何を読んでいるのかな。彼女はそう私に質問した。秘密です。と、彼女の視線を感じた私は、自然に頬が緩んで笑みを浮かべた。

お知らせと、その他

Category : 日常生活
昨日教習所で修了検定を受けて仮免を取得しました
今日は学科だけ受けてきましたが、明日から本格的に通い詰めます
今月中に免許を取らないと厳しいのでブログの更新を怠ることがあると思います
また、免許を取ったあとも更新する日がまばらだったとしてもお許しください
ブログは更新したいときにする、が信条なので
毎日更新などのルールは特に定めていません

追記はネットではなくリアルでのこと

→続きを読む

ぼくが生まれた話

Category : サブ創作小説
 ぼくの名前は「ひと」。

 漢字は、ぼくが知っている文字の「人」じゃなくて、「弌」。

 めずらしくてあまり名前に使わない漢字だって聞いたけれど、名前をくれたさやかが一生けんめい考えてくれたから、ぼくはこの名前が好き。

 さやかはお母さんでも、お姉ちゃんでもないけれど、ぼくといっしょの家にすんでいる。

 お店や学校と少しはなれた場所にあって、庭はかけっこができるくらい広い。

 近くには「けんきゅうじょ」っていう場所がある。

 さやかはそこでけんきゅうのお手伝いをしている。

 そして、ぼくはけんきゅうじょで生まれたらしい。

 むかしむかし、十年よりも前の話。

 さやかのお父さんとお母さんは「けんきゅういん」で、お日さまがおきてからねむるまでずっとお仕事をしていた。

 さやかはめいわくをかけちゃいけないって思って、ぼくよりも小さい子どものときからがまんをしていた。

 たん生日やクリスマスにほしいプレゼントを聞かれても、ほしいものはないってだまっていた。

 だけど、七さいのたん生日の日、さやかは「お兄ちゃんがほしい」って、お父さんとお母さんにお願いした。

 さやかは兄弟がいなくて、遊ぶときはいつも一人だった。

 さやかのお父さんとお母さんは顔を見合わせて、さやかの初めてのお願いをどうしょうか話しあった。

 そして、ぼくを作ることに決めた。

 たくさんの本を読んで勉強したり、いろんな金ぞくの部品や材料を集めて何回も組み立てた。

 ぼくを作るけんきゅうは、さやかが大人になって、お願い事をとうの昔にわすれたころにおわった。

 電気の力で目がさめたぼくは、一番さいしょにさやかのお父さんとお母さんが喜んでいるところを見た。

 それから、何かのきかいにつながれて、人間のことばやじょうしきをぎゅうぎゅうと頭の中につめこまれた。

 さやかのお父さんとお母さんはさっそくさやかにぼくをプレゼントしようと思った。

 だけど、さやかがほしいのはお兄ちゃんで、10さいのぼくはお兄ちゃんじゃはなくて弟になる。

 それに、何年もたったあとでもさやかがプレゼントを喜んでくれるか分からなかった。

 だからさやかのお父さんとお母さんは、けんきゅうのお手伝いをしてほしいとぼくをさやかにあずけた。

 ぼくは見た目が人間の子どもで、言葉だって日本語を話すことができる。

 だけどぼくは「アンドロイド」とよばれるきかいで、「こころ」がない。

 どんなときに笑えばいいのか、泣けばいいのかを知らない。

 だから、ぼくはさやかに「こころ」を教えてもらって学習することになった。

 さやかとくらして1年がたつけれど、ときどきさやかはぼくを見てとてもうれしそうに笑う。

 「どうしたの?」って聞くと、「願いがかなって幸せなのです」と毎回答えてくれる。

ひゃっはー!!!

Category : 日常生活
某夢の国行ってくる!!!!!!!!!!

て…てへぺろ

Category : 小説関連
前の前の記事間違って限定公開のままだと今気付きましたてぺぺろ

といってもたいした内容は書かれてないけどね
だけどあの小説私の好きな方法というか、趣味が出てたりでお気に入りです

思考に眠る

Category : 日常生活
脳内整理できるかな

お休みなさい



寝ようと思ったのだけれど
笑ってしまって寝るどころじゃなくなってしまった
何がおかしくて笑っているのかは分からないけれど
新感覚、これはこれで興味がひかれて面白い

今度こそお休みなさい

ある読者のファンレター

Category : サブ創作小説
涸月つらら先生へ

 ここ数年、貴女の小説を愛読しておりましたが、思いきって貴女宛に手紙を送らせてもらうことにしました。
 貴女が書く物語には、純文学を好み、こだわりを持っている私でも一目で魅入られました。文字の羅列だけで劇や映画のように、その光景が脳内にはっきりと映し出されるのです。更に、フィクションでありながら不自然さのないリアリティーを感じました。実際に世界のどこかで、このようなことが起こっているのではと錯覚してしまうのです。
 そして、貴女の文の最大の特徴は、登場人物の心情を繊細かつ鮮明に表現していることだと思います。特に主人公が一途に相手を想う場面は、毎回感情移入をして、主人公と一緒に泣いたり笑ったりしてしまいます。
 どの作品の主人公も、大切な人が必ず一人存在しています。それは恋人や親友、亡き兄弟など様々です。
 私にもそのような人がいます。だからこそ、貴女の価値観には深く共感し、目を見張るものがありました。
 私は貴女の文章から、誰かを追いかけている姿に人は強くひかれるという印象を受けました。
 第三者である読者は、主人公が追い、盲目的な過大評価をしているその大切な人に憧れを抱きます。そして読者自身も、主人公と共にその人を崇拝するのです。
 しかし、憧れと同時に苛立ちも芽生えてきます。主人公がいくら相手を想ったとしても、一向に振り向くことがないのです。そしてページを捲っていくごとに、読者の関心が主人公の大切な人から、主人公へと変わっていきます。ただ懸命に、純粋に一定の人を想い続ける気持ちの強さに心打たれるのです。
 もし読者が物語の登場人物であったならば、主人公を想い、追いかけることでしょう。私もそうすると思います。主人公を振り向かせて幸せにしてあげたいと、読み終えたあとにいつも思うのです。
 このような作品を書く先生に、聞きたいことがあります。実は、そのために手紙を書こうと決心したのです。
 恋と言うものは、両思いでも片思いでも、相手に好意を持つことを指します。一般的に知れ渡っている「恋は盲目」や、ある純文学の文豪の「恋は罪悪」という言葉がありますが、貴女ならば恋を何に例えますか?
 相手を想うことに重点を置き、熟知している先生の答えをお聞きしたいのです。しかし、執筆に忙しかったり、この質問に興味がなければ無視をしてもらっても構いません。
 これからも、先生の作品を楽しみにしています。

橘愛里


純文学作家の涸月(こげつ)つららと文学少女の橘愛里(たちばなめぐり)です
今後小説に出てくるような出てこないような感じなので、名前だけ覚えてもらえると嬉しいです
愛里はあいりじゃなくてめぐりです
キャラを作る際に名前は決まっていたのですが、当て字に迷っていたので友人に決めてもらいました
よく初対面にはあいりちゃんと読み間違えられる設定で、友達からはメグちゃんと呼ばれてます

あしたのごはん

Category : 日常生活

鮭食べる
ムニエルにする


シーフードミックスとパスタでなんか作る
味はバター醤油かコンソメで迷う
牛乳もあるからさらに迷う

あと野菜たべたい

夢の不思議

Category : 主観的思想
夢を見ると頭がすっきりする
気が沈んでいたり、あることに悩んでいたときなどは特に
一回寝て起きると、その事がまるで嘘のように脳内が整理されているのだ
なにこれすごい

この夢のメカニズムを知りたい
どこをどうすれば取捨選択が出来るのだろうか
夢という無意識な脳内整理方法の原理を知り、それを意識的に起きている状態でも出来たらどんなに素晴らしいことだろう

起きている状態での脳内整理は不完全だ
一人になって考えてみても結論が保留になることがほとんどである
それにどうも気分がすっきりしない
もう少し上手い具合に整理できる方法はないのかなと思うのだけれど
手探り状態で様々なことを考え、頭を悩ませることも楽しいため悪くはない

夢は大概現実ではあり得ないことが次々と起こる
全体的なストーリーはあやふやだけど、一つ一つ印象に残ったものを見つめていけば何かしらの意味はあるという
所謂夢占いというやつだ
たまに夢占いのサイトで夢の意味を調べることがあるのだけれど
サイトによって意味が異なることもあるため何を信じればいいのか迷う
最近見た夢で印象に残っているのは「ビデオカメラ」
とある夢占いサイトではなかなか的を得た解釈だった

とにかく今後何か考えてもすっきりしないことがあったら寝ようと思う

昨日の出来事

Category : 日常生活
年が変わりましたね
毎年始めに行われる某挨拶のことですが
もとを辿ればなにがどうなってこのような言葉が生まれたんだろう
太陽が沈んで昇ることは毎日繰り返されていることであり
それが年が変わるというだけでおめでとうという言葉を人は口々に言う
なんでだろう
逆にあけましておめでたくない年とかあるのかな
年明けの挨拶をして、どのような変化があるんだろう

追記は、おめでたい日に対して皮肉を述べている私が過ごしたお正月の出来事です

→続きを読む

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。