FC2カウンター

プロフィール

雨月

Author:雨月
性別:女
年齢:学生
性格:マイペース
趣味:創作と読書と主観的考察

・上の絵は私の知り合いのまろさんに描いてもらいました!

・ブロとも申請、リンク追加をしてくださる際はお手数ですが声をおかけください

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「zigorekishi」のレビューもどき

Category : 二次創作
たおき作品が好きだ!
それはもう公開されている殆どのゲームをプレイしてしまうほど
ゲームは勿論のこと、10万hitごとにサイトで行われる企画も好きです
ヘタレなので今まで企画に参加したことがなかったのですが
今度は思いきって参加してみたいなと思います


そんなこんなでいつの間にか書いてしまったレビューもどき
批評とか、そんなんじゃなくて単なる感想です
でも自分で思ったこと、感じたことは正直に書きます
本当に好きなゲームだからこそ、お世辞で褒めるなんて失礼だと思いますし

↓からサイトから引用してきたゲームの情報とストーリーです


タイトル:zigorekishi
ジャンル:サイコAVG
プレイ時間:3時間~
対応OS:WindowsXP/Vista/7
制作ツール:Nscripter
エンディング数:6種類
企画 : たぶんおそらくきっと(サイトはこちら)
シナリオ・グラフィック : 神波裕太さん

ストーリー

彼らは歪で、気色悪く造られた

そんな彼らの単なる日常を

ある日ある時最後の仲間が目覚めた時からお伝えしましょう

彼らは人間的に成長しません

彼らの心に変化があることはほぼないでしょう。

一つの物語として大きな山場はあるでしょう

その山場の終焉がこの物語の終わりです

彼らのその後は語られません

彼らはこの物語の主役ですが、主軸は彼らではありません

ただ、この物語はたった一つのことを聞くためだけに造られた

それだけのお話です。

或いは――――――――

そのたった一つのことを問われた子の話

何も伝わらなかった?

或いは何か伝わった?

それは正解けれど不正解

このお話は詰込み過ぎて湾曲しちゃったお話。

だから説教臭くても、意味がわからなくても

それはそれでいいんです。

そういうお話だから。

感想は追記から
ネタバレ注意です!

→続きを読む

スポンサーサイト

ゆめにっき小説番外編2

Category : 二次創作
注意
・文章能力など全くない
・考えがまとまってない
・オチが行方不明
・本編とは全く繋がりがない
・この設定は多分この小説だけ
・いろいろおかしい

それでもおkな人は追記へ

→続きを読む

ゆめにっき小説番外編

Category : 二次創作
本編そっちのけで書いてみた
モノ江と先生出てくるけど気にしない
後半会話文オンリー





「モノ江さーん!」
「あら どうしたの窓付き?」
「あのね その… 好きな人の事なんだけどね…」
「先生の事?」
「うん」

モノ江さんは良き相談相手でいつもお世話になっている
それに知識も豊富でいろいろな事を教えてくれて
だからほら 恋の相談してもいいかなって

ちなみに私が好きな人は先生
本名はセンチメンタル小室マイケル坂本ダダ先生
別に学校の先生とかではなくて 夢の世界の人だけど
先生は音楽が好きでよくシンセサイザーを弾いている
私もリコーダーを吹いて合奏したりする
見た目はすごく背が高くてすごく痩せていて
肌は雪のように白い
性格はものすごく優しくて いつも気遣ってくれている
しかも一自称は「僕」で敬語
とにかく全てが私の好みなのだ
…まだ片思いなんだけどね

「四六時中先生の事をずっと考えちゃって
 でも最近は会える機会が少なくなってきて
 会えたとしても先生は私の思ってるのとは違ってなかなか相手してくれないし
 それでイライラしたり悲しくなったり…
 どうしたらいいのかな?」
「そうね… 一つ質問いいかしら?」
「何?」
「NASUと先生 どっちの方が好き?」
「もちろん先生!」
「やっぱり… 恋愛依存症ね」
「恋愛依存症…」

「対処法としては先生の事を考える時間を削るのが一番ね」
「えーっ! 先生の事を考えないようにするのは難しいよー…」
「要するに他の事で上手く時間を活用すればいいのよ
 例えば集中できる趣味を持ったり友達と遊んだりね」
「うーん… 先生意外に夢中になれるものなんてあるのかなぁ…」
「ふふ… それじゃあ先生に痛くて重たい女と思われてしまうわよ?」
「うっ…」
「そしてこれは上手にストレスを発散する他に
 自分を向上させ相手を惹き付ける効果があるの」
「おお~!」
「どう? これで少しは楽になるんじゃない?」
「ありがとうモノ江さん!」
「どういたしまして」

―――

「先生 ちょっといいかしら?」
「どうしましたか? モノ江さん」
「先生は窓付きの事好き?」
「ええ 好きですよ」
「意外とあっさり答えるのね」
「そもそも嫌いだったら友達ではありませんからね」
「………」
「モノ江さん…?」
「天然ほど手強いものはないわね…」
「?」

→続きを読む

最近妹と弟が夜更かしし始めた、物凄く困る

Category : 二次創作
追記はゆめにっき小説
窓付きはゲーム好き
ただしNASUに限る

→続きを読む

明るいゆめにっきを目指してみる

Category : 二次創作
追記はゆめにっき小説
ポニ子とウボァってこんな関係だよね?

→続きを読む

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。