FC2カウンター

プロフィール

久世

Author:久世
元HNは「微雨」「雨月」でした。
「久世」に改名しましたが、どれも私には違いないのでお好きなHNで呼んでください。

・上の絵はまろさんに描いてもらいました!

セブンスドラゴン

 

リンク

ブロとも一覧


ミリィのにっき

ARS seeds ~お絵かき日記~

あさぎしょこら。

じゃむさんっぽいどホームページ

オムライスのある風景

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純文学コンビ

Category : メイン創作小説
「こんにちは、説さん。涸月つらら先生の新刊って、どこにありますか?」
日が傾く時間、決まって彼女は図書館に訪れる。学校が終わって寄り道をしているのだろう。平日の彼女は、いつも高校の制服姿だ。
僕は、返却された本を書架に戻す手を止めて、彼女の方へ振り返る。
「愛里さん、こんにちは。その本は確か……既に貸し出されているはずですよ」
「そうですか……」
愛里さんは肩を落とした。余程その作家の本が好きなのだろう。
「今日学校の図書室でも探してみたんです。だけど、やっぱり貸し出されていました」
諦めがつかない様子で話す愛里さんに、僕は同情する。涸月つららの作品は、新刊が出る度に彼女の話のようなことが起こる。僕の職業が司書であっても、その現象は変わらない。
「他の作品は読みましたか?」
「勿論です! 今までの先生の本は全部読みました」
「では、『月のおと』は?」
「え?」
愛里さんの不思議そうな表情に、思わず笑みが溢れる。やはり知らなかったのだろう。 僕は得意げな気持ちを押さえて、説明をした。
「涸月つららは、別の名前で児童文学も書かれているんですよ。その児童書の代表作が、『月のおと』です」
愛里さんが驚く。そのような反応から、僕の情報がかなり希少なことだと分かる。実際、涸月つららは児童書を出版していることを公表していない。そのため、知っている人はかなり限られてくるだろう。
「そんなことも知っているなんてすごいですね。やっぱり、図書館で働いてるから詳しいんですか?」
「ええ、それもありますが……。一番の理由は、僕も涸月つららの作品が好きだからでしょうか」
「説さんもですか? 良いですよね、純文学が好きである人ほどはまってしまう感じで」
「そうですね。愛里さんは、どの作品が一番好きですか?」
どの本も好きですが……。と、彼女は頭を悩ませる。出版されている本の数は少ないが、一つも駄作がない。悩むのも当然だと思いながら、僕は答えが出るまで見守った。
因みに、僕が一番好ましい作品は、処女作の――
「『私の目に映る彼は』です」
今度は、僕が驚いた。それから、じわりじわりと喜びが込み上げてくる。
「僕もです。あれほど主人公の心情が伝わる作品は初めてでした。まるで、現実がそのまま小説になっているかのようです」
「それに、読み終わったあとにずっと本のことを考えてしまうんです。結局主人公は片想いのままで、好きな人と会えなくなっちゃったけれど、相手は主人公をどう思っているのか謎のままなんですよね……」
「そこは意見が別れるところですね。僕も……正直なところ、どちらかは分かりません」
「主人公も言ってますけど、本当に『狡い人』です。主人公どころか読者まで夢中になってしまいますよ」
今までも、愛里さんが図書館に現れる度に挨拶を交わしたことはあるが、今回は本当によく会話が弾む。
話し込んでみて分かったが、互いに好みが似ているようだ。何故もっと早く彼女に話しかけなかったのだろう。そう思ってしまうくらい、愛里さんとの会話は楽しかった。
それから愛里さんは帰り際に、『月のおと』を借りていった。
また明日来ます。と言ったので、待っています。と返事をした。

せっちゃん(説)とめぐちゃん(愛里)を純文学コンビと命名する!
やっとめぐちゃんが喋りました
まだまだ書きたいネタはいっぱいあるので
暫くは小説の記事が多くなると思います
スポンサーサイト

消臭スプレーネタ

Category : メイン創作小説
 この世には変わった消臭スプレーが存在している。商品名は「除霊もできるよ! 消臭スプレー」。その名の通り、除霊ができるのだ。
 形状は普通の消臭スプレーを思い浮かべてもらえば間違いはない。あの衣類や室内にさっとひと吹きしやすい形だ。
 香りはバリエーションが豊かで、スタンダードなタイプは「さわやかブルーハワイの香り」。開発者は遊び心満載である。いや、その域を飛び越えてふざけているとしか思えない。
 しかし、名前だけではかなり想像しにくいあの匂いを、かき氷のシロップであるブルーハワイそっくりに再現している。スーパーで除霊が出来ない普通の消臭スプレーと並んでいるそれのテスターを嗅いだとき、僕は悟った。開発者はただふざけているのではない。本気でふざけているのだと。
 この消臭スプレーの売りは除霊ができるということである。実際低級の霊くらいなら秒殺らしい。除霊を専門とするSさんに聞いたもので、常日頃小型タイプの消臭スプレーを携帯している。最近のSさんのお気に入りは「なめらかスノーホワイトの香り」。期間限定のものだ。しかし、なめらかな白い雪とは一体何なのだろう。そもそも匂いなどするのだろうか。
 このような飛び抜けて奇抜な消臭スプレーは、販売された当初から売り上げが伸びている。主にそれを支持しているのは、一部のマニアックなファンと、除霊を仕事にしている人々だ。
 「除霊もできるよ! 消臭スプレー」について色々述べたが、僕はその消臭スプレーを愛用している訳ではない。むしろその存在が忌々しい。実質、最近購入した消臭スプレーはリ○ッシュである。僕があの消臭スプレーを手にする日は来ないだろう。

物語を展開させていこうと思ったのだけれど、ここで力尽きた
気が向いたら続くかもしれない
因みにこの小説はせっちゃん(説)sideなので一応メインの方のカテゴリに入れます

再来

Category : メイン創作小説
久し振りの本編小説
何気に新キャラ(?)がいます
追記からどうぞ

→続きを読む

単なる会話文

Category : メイン創作小説
オリキャラたちがわいわい会話したそうです
罵ったり貶したり蔑んだりしてますがみんな仲良しです

→続きを読む

知崎兄妹の小説を書きたかった

Category : メイン創作小説
久しぶりの本家小説です
なんもない日常現代系ばっか書いてるけどそろそろ非日常も書きたいとかいう勢いで書いてしまった
その為かなり残念クオリティです
そしてどことなく設定が中二っぽくて自分で書くのが気恥ずかしくなったり
追記に小説載せときます

→続きを読む

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。